ティオマン島について

Tioman ABC Lake南シナ海に浮かぶティオマン島は、南北約39km、東西約12kmの割と大きな島です。ですが島のほとんどは手付かずのジャングルで、主に島の西側のビーチに沿っていくつかの村が点在しています。これらの村は小道で繋がってはいますが舗装された道は一部のみで、基本的には獣道のような未舗装の小道(山道?)を歩いて行くことになります。当然車が走れるような道ではなく、車は一部でしか走っておりません。そのため、各村間はボートでの移動が一般的です。

島の最高峰はGunung Kajang(諸説あるものの標高1,049mと言われています)で、島の南側にあります。その近くにはBukit Batu Sirau(標高747m)とBukit Nenek Semukut(標高659m)のツインピークスがあります。これがドラゴンの角に見える事から、ティオマン島にはドラゴン伝説があります。ドラゴン伝説については、こちらのページでご覧ください また、1958年公開のミュージカル映画『南太平洋』(ジェームズ・A・ミッチェナー原作、ロジャース・アンド・ハマーシュタイン作曲)のバリハイ島のシーンは、ティオマン島で撮影されたそうです。このツインピークスがバリハイなのだそうです。そしてこのツインピークスの麓に、ムクッ滝(Mukut Waterfall)というティオマン島で一番大きい滝があります。

Tioman ABC Sunsetティオマン島へは、メインランド(マレーシア本土)2ヶ所からフェリーにて渡る事が出来ます。一般的なのはジョホール州メルシン(Mersing)から出ているフェリー。各地からティオマン島を目指す場合、長距離バスはメルシン行きに乗るように言われます。メルシンから北東へ約56km、現在運航しているフェリーで約1時間半から2時間で、フェリーが最初に停泊するゲンティン村(Kg. Genting)に到着します。それから、パヤ村(Kg.Paya)、テケッ村(Kg.Tekek)、当店があるABC村(Kg.ABC)・・・「ABC」が一般的な呼称ですが、アイルバタン(Kg. Air Batang)やアイヤーバタン(Kg.Ayer Batang)と呼ばれる事もあります・・・、最後にサラン村(Kg.Salang)と停泊して行きます。※この通りで無い事もありますのでご注意下さい。

ティオマン島の東側にはジュアラ村(Kg.Juara)があります。ABC村からテケッ村の中心地へ向かって行く途中、左手に入って行くと、ジャングルトレッキングを楽しみながらジュアラ村へ行くことが出来ます。数年前には車が走れる道も出来ました。ただ、「車が走れるなら。」とレンタル自転車を借りて行かれる方がいらっしゃいますが、とても自転車では行けないような勾配のきつい道で、現在、ティオマン島の東西を横断しているのはこの区間のみです。

綺麗な海と手付かずのジャングルに覆われたティオマン島。空気も綺麗で、夜には満天の星空も楽しめます。見上げる夜空には天の川や南十字星も。村の小道を歩けば野生のリスや猿、オオトカゲにも出会えます。都会の喧騒や時間を忘れ、ティオマン島の静かな海辺でのんびりと過ごす休日はいかがでしょう。

Share Button

スクーバダイビング in ティオマン島